サファリゾーン

【サファリゾーンについて】

  • 「ひでんのくすり」を届けた後、タンバシティから47・48ばんどうろを通って行けるエリアにオープンする。
  • 1回500円で30個の「サファリボール」を使ってポケモンを捕獲する。
  • どろを投げると捕まりやすくなるが逃げやすくなり、エサを投げると捕まりにくくなるが逃げにくくなる。
  • バオバ園長から出される試験をクリアしていくことでサファリゾーンのエリアや機能が増えていく。
  • 全国図鑑入手後は各エリアに30個のブロックを置けるようになり、ブロックを置くことでそれまで出現しなかったポケモンも出現するようになる。ブロックの種類には「そうげん」「もり」「いわば」「みずべ」「そのほか」の5種類があり、置く種類や数によって出現するようになるポケモンが異なる。

【エリア別出現ポケモン】

そうげん / はなばたけ / サバンナ / いわば / みずべのいわば / しつげん / もり / みずべのもり / ぬまち / あれち / やま / さばく


【メモ】

  • 全国図鑑入手前から出現するポケモンのレベルは10〜20程度、ブロックを置くことで出現するようになるポケモンのレベルは30〜50程度。
  • エリアにブロックを置いてから他のイベントをしたり歩数を稼ぐなどしてしばらく時間を経過させると、バオバ園長から電話がありそのエリアのランクが上がる。ランクが上がるとブロックを置いたときの効果が2倍になる(ブロックを1つ置いたときにブロックを2つ置いたときと同じ効果が得られる)。ここからさらに時間が経つとブロックの効果がより上がる場合もある。ブロックはひとつのエリアに最大30個までしか置けないが、エリアのランクを上げることで31個以上置いた場合と同等の効果を出すこともできる。これによって出現に必要なブロック数が31個以上のポケモンを出現させることができる。
  • サファリゾーンで捕獲したポケモンは個体値が高い傾向にあるようです。

スポンサーリンク